スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いになりたいお年頃。

 06, 2015 11:54
幻術士デビュー

魔法使い、はじめました。



実家から持ってきた大量のお餅をやっと全て食べ終わりました。
もうしばらくお餅は食べたくないです。うっぷ。

趣味で行っているジムも年始休業から開けたので、
年末年始でこんちくしょーになったボディーをとことんいじめてやりたいと思います。




さて、冒頭で行ったように「魔法使いはじめました。」正確に言えば幻術士、ヒーラーです。

魔法使い始めました

エオルゼアの大地に立った時は魔法職なんてまるで眼中になかったものですから
まさかそれをメイン職にしていくことになるなんて自分でも驚きです。



というのも、
槍を背中に

最初は「槍術士」としてエオルゼアの大地に上陸しました。



今まで様々なゲームをプレイしてきましたが、

極征ミラ2

M○Fでは槍をメインにひたすら振り続け・・・



PSO2.png

P○O2ではパルチザン(槍)をメインで振り続け・・・


私、どんなゲームでも
「槍」ばかり使ってきました。

だって長い武器ってかっこいいじゃないですか!?
未だに一番かっこいい武器は槍だと思ってますもの!

そんなわけでエオルゼアに立つ際に職業リストを見た時も
「槍あるんだ!なら槍使おう!」

迷うことなく槍術士を選びました。
それでとりあえず頑張ってレベルを上げて
初のID「サスタシャ」、2つ目の「タムタラ」に挑戦したのですが・・・

「何かが違う・・・。」
槍云々の問題というより槍術士のロールである「DPS」が自分にはしっくりこない。


じゃあ別のロールの職業も触ってみてもう一度自分に合ったものを探そう!
となったのが年末のお話です。


まず触ったのがタンク職。
もし今後DPSをやるとなった際に槍術士の上位ジョブ「竜騎士」になる際に
ある程度のレベルが必要ということで「斧術士」を選択。

レベルを15まで上げましたが敵を釣ること以外はあまりDPSと変わらない?
立ち位置に関しては槍の時点でも気を付けたりしていたのでこれではない・・・?
ということで一度保留。


続けてヒーラー職の方にも挑戦してみることに。
一次職ではヒーラー職は幻術士しかない為幻術士を取得。

初の魔法職ということもあり、
若干戸惑いながらもIDに行ける15レベルまでレベルを上げる。

自分にバフや回復をかけながら戦闘を進めることはもちろん、
発生するF.A.T.E.で偶然一緒になった方に回復を打ちつつ援護攻撃。
あれ・・・?これ楽しいかも。



MHFでの槍の立ち回りは範囲ガードで味方を守ったり、
位置取りを考えてモンスターを転ばせたり、状態異常を付与させたりなど
どちらかというと火力より援護色が強いです。
火力至上主義なら大剣や双剣、今なら穿龍棍なんてものもあります。

PSO2の槍はなんというか・・・今は若干強化されてますが
昔は弱武器カテゴリーだったので少なくとも火力武器ではなかった。
ひたすらスキルで敵のタゲ取りとか他職のスキルと組み合わせて
マップのギミック破壊してましたね(笑)


そう考えると「オラオラオラオラ!」って
個人で火力を突き詰めていくDPS職よりも
援護色の強いヒーラーの方が元々合っていたのかもしれません。

実際何回かヒーラーで何回かIDに挑戦しましたが、
カッパッパー

ものすごく楽しかったです。
味方にバフを付けたり、回復の合間に後方から魔法攻撃で援護したり・・・

私ッ!魔法使い始めます!
まずは幻術士の2次職にあたる白魔導師目指して頑張りたいと思います!








サスタシャクリア!

サスタシャ支援に行った時の一枚。
ゲームの中の写真撮影で目瞑ることになるとは・・・。









COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。