スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の戦士。【前半戦】

 18, 2015 21:59




私は、オンラインゲームが苦手だった。





今まで色々なオンラインゲームに触れてきました。
しかしどれもあまり続かず、今はFF14以外のゲームは何もやっていません。


自分のペースに合わせて物語が進んでいく一人用のテレビゲームと違って
オンラインゲームは周りにも意志を持った人間がいて、その人たちと一緒に冒険することができる。
これが一人用のゲームにはない、オンラインゲームの醍醐味なんだろうと思います。


しかし一方で、それぞれに意志があり、それぞれに物語が存在している以上、
必ず個々人の進行度に差が生じてくる。
時間や資産を投資した人は、していない人よりもどんどん先に進める。

それだけの情熱をもって取り組んでいるんだからその人たちを否定する気はまったくないし、
そのくらいのご褒美はあって当然だと思っています。

だけど、私はそれが理由でオンラインゲームに苦手意識を持つようになりました。


私生活の事情もあってログインできる時間が限られていると
ゲーム内でアクティブに活動している方々との差はどんどん開いていく。
やっとのことで追いついても、その頃には皆はもっと先に行っている。
私のやってきたオンラインゲームは基本的にそんなことばかりでした。

「これをやりたいなら最低限○○と○○は必須だから」
何回も聞いた言葉です。
言われたそれを頑張って用意した頃にはまた更に上の条件を要求をされる。

一人じゃ難しいから一緒に行って欲しいとお願いすると
最新の強力なアイテムで身を固め作業のように一瞬で敵を倒していく。
当然私は何かをする時間もなく必死に後ろをついていくので精一杯。

チャットログに流れるのは遥かに先のコンテンツの話ばかりで質問をしても流される。



どこに行ってもそんなことばかりで、私はオンラインゲームが苦手になりました。
ゲームの進行度で周りに置いていかれることが怖くなったのもこれが原因です。
今は消えてしまって残っていない前ブログや、このブログのようなゲームブログを始めたのも
なんとかして自分のモチベーションを維持しようと思ったのがきっかけだったりします。
結果的にダメだったんですけどね。



そんなオンラインゲームに苦手意識を持っていた私でも、楽しみにしていたものがありました。
「光のお父さん」
ある方のFF14のブログです。

そこに出てくる登場人物はすごい魅力的な人たちばかりで、
次第に「エオルゼア」という世界にも興味を持つようになりました。

ギスギスオンライン。FF14が一部からはこう呼ばれていることは知っていました。
色々なゲームでギスギスしているプレイヤーを見てきましたし、
他のゲームで知り合って人たちも「あんなギスギスしたとこ行きたくない」と言っていました。

しかし本当にそうなのだろうか?エオルゼアってそんな殺伐としているところなんだろうか?
もしかしたらエオルゼアは「光のお父さん」の世界のように魅力的なところなんじゃないだろうか。

フリートライアル期間、そして「光のお父さん」筆者の仲間による初心者支援が重なったこともあり、
「ダメだったらやめればいい、自分の目でエオルゼアを見たい。」
そう思って私はエオルゼアにやってきました。


頑張ってレベルを上げて到達したサスタシャ前。
年末の早朝だったこともあり、そこには私以外に一人のプレイヤーしかいませんでした。

「初心者の方ですか?」
「はい。サスタシャ初めてです。」

声をかけられて会話をしているうちに
そのプレイヤーさんはサスタシャをクリア済みで周回しているプレイヤーさんのようでした。
話しているうちにサスタシャに行きましょうという流れになり、
他のお友達を呼んでくれるのかなと期待しているうちに始まったのはCF。まさかの野良PTでした。


何も説明もなくどんどん先に進んでいく私以外の3人。
予習もしていなければロールの立ち回りも把握していない私。
見よう見まねでもう一人のDPSの動きを真似て必死についていく。
当然地図のアチーブは埋まることもなく気が付いたらボスを倒しクリアしていました。

ダンジョンが終わったらそそくさと帰っていくプレイヤー。
私のエオルゼア生活は最悪のスタートで幕を開けました。


その後にも何度かサスタシャ村にはお邪魔しましたが、
サスタシャを攻略してしまった私は「サスタシャ連れてってください」と声をかけるわけにもいかず
周りになんて話しかけていけばいいんだろうと思ってあまり周りと会話することが出来ませんでした。
ここであみちーさんに声をかけていただかなかったらきっと私は皆の輪に入れていなかったでしょう。


続くタムタラ墓所ではサスタシャと違って支援もなく、
入口で立ち往生している初心者さんが数人いました。
私もそのうちの一人だったのですが、
そんな人たちをまとめて連れて行ってくれたのがえるさんという方。

後で話を聞いてみると
「サスタシャと違って支援がなくて困っている人がいるだろうからそれを支援しようと思った」
本人曰く「タムタラ地蔵」だそうです。
ここでえるさんの紹介で知り合ったのが今FCや同期LS以外でお世話になっている
LS「カモミール」のマスター、ネロさんでした。今でも二人にはお世話になっています。

B6IgkV0CYAEi97c.jpg
ここで初めて野良以外のPTを経験しました。

続くカッパーベルでは初めてサスタシャ村の方々と一緒に攻略。

B6mHEoTCAAAOobe.jpg

終始無言で進行していた最初のサスタシャと違い、
この2つのダンジョンは、私にエオルゼアの楽しさを教えてくれました。



そこからもたくさんの楽しいこと、嬉しいことを経験しつつ進んできた私のエオルゼア。
皆のおかげで、いよいよラストダンジョンのところまで到達することができました。

少し思い出話に花を咲かせたところで後半戦に続きます。


COMMENT - 2

Lope  2015, 02. 19 [Thu] 01:43

カッパーの写真に写っててびっくり!
こういう写真を見ると幻想薬使いづらくなりますね。
何はともあれメインクリアおめでとうございます!
ラスダンまでは駆け足で来てしまいましたが、その後のダンジョンは殆ど手付かずなので、また一緒に初見IDに行きましょう!

Edit | Reply | 

Frisia Eru  2015, 02. 20 [Fri] 18:51

メルさんがブログを持っていたとは!
メインクリアおめでとうございます。
タムタラ地蔵のSSが懐かしすぎて、感慨深いです。
メルさんが槍の貴重なシーンw
先にメインをクリアしてしまってから少しFCの活動に力を入れすぎていて、最近皆と遊べてないなーと思う所ではありますw
時間が空いたらまたタムタラ地蔵しようと思いますので、その時メンツが足りなかったら声掛けさせてもらいますw
どこか行くときは気軽に声掛けてくださいねーハードIDはほぼ手つかず状態ですので!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。